千葉の交通事情について

千葉県は東京に隣接しており、また国内随一の国際線ターミナルである成田国際空港を有することもあり、鉄道・道路など交通網はかなり整備されているといっても過言ではありません。
JRだけでも総武線・総武本線・常磐線・京葉線・武蔵野線が東京エリアと直結しており、県内にも内房線・外房線・成田線といった路線で県全域をカバーしています。
そして京成線は前述の成田空港へのアクセスの他、県北西部を中心に都内への利便性を向上させています。
その他の私鉄各社がさらにその隙間を縫うように通っており、京成バスをはじめとした路線バスやモノレールなどインフラは充実しています。
また道路に関しても大型の国道や高速道路などが県全域に延びており、また東京湾アクアラインにより神奈川へ東京を経由せずして移動することも可能になりました。
しかし人口の分布からも仕方のないことですが、県の北部と南部では北部の充実が目立つ一方、南部はまだまだ開発の余地が残っている状況です。